• 文字サイズ変更
  • 中
  • 大
  • ホーム
  • 歯ぐきから血が出る(歯周病)

多くの日本人が歯周病で歯を失っています~歯周病治療の基礎知識~

ブラッシングするときに歯ぐきから血が出る 指や舌で触れると歯がグラグラしている 固い食べ物がしっかり咬めない 歯ぐきが赤く(赤黒く)腫れている 口臭の強さを自覚できるようになった

このような症状があるなら、歯周病が進行している可能性があります。大阪市北区、梅田センタービル内の歯医者「名越歯科」では、歯周病で大切な歯を失ってしまうことないよう、適切な治療や予防を行っています。歯周病は細菌による感染症で、免疫力が低下してくる30代、40代くらいから気をつけておきたい病気です。今はまだ症状がなくとも、早期発見につながる定期検診を活用し、適切なタイミングでケアや検査を受けるようにしましょう。

歯周病ってどんな病気?

歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどないままどんどん進行してしまうお口の病気です。痛くないので軽視されがちですが、日本人が歯を失う原因の第1位がこの歯周病。さらに、日本人の成人のうち約8割が罹患している(もしくは予備軍といわれる)感染症なのです。はじめのうちこそ歯ぐきからの出血程度の症状しかありませんが、歯周病菌が招く炎症によって次第に歯ぐきや歯を支える顎の骨が溶かされ、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

  • 歯周病菌と重篤疾患の深い関係
  • 歯周病が招く?「歯原性菌血症」という病気の恐さ
  • 従来の歯周病治療の問題点

歯周病が招く?「歯原性菌血症」という病気の恐さ

歯原性菌血症は、口腔内の傷口などから血管内に細菌が侵入し、全身をめぐって血管を老化・損傷させてしまう現象です。口腔内で細菌の“入り口”となるのは主に象牙質以上の重度の虫歯と歯肉の炎症で、虫歯や歯周病が進行すればするほど血管内に侵入する細菌や毒素の量が多くなります。

虫歯や歯周病がもたらす歯原性菌血症のリスク

最近では虫歯や歯周病が、この「歯原性菌血症」を引き起こす大きなリスク要因であることが分かってきました。虫歯と歯周病は病原細菌の種類が異なりますが、どちらの原因菌も毒性を持っています。こうしたお口のトラブルが悪化することは、「悪玉菌の増殖」および「細菌の侵入経路拡大」という2点から、歯原性菌血症のリスクを高めてしまいます。

歯原性菌血症と血管の関係

歯原性菌血症による血管の老化や損傷は、人体にさまざまなトラブルを招く恐れがあります。

歯原性菌血症が招く主な疾患

歯原性菌血症は、全身のさまざまな場所で悪影響をおよぼします。その増悪要因の一種である歯周病は、ガン、脳卒中、急性心筋梗塞、糖尿病といった重篤な疾患の発症に関連するとされていますが、これら以外にも多くの危険な病気やトラブルを招くことが分かっています。

  • ガン
  • 脳卒中
  • 急性心筋梗塞
  • 糖尿病
  • 急性虫垂炎
  • 関節リウマチ
  • 脳脊髄膜炎
  • 心内膜炎
  • 肺炎
  • 肝臓膿瘍
  • 脾臓膿瘍
  • アルツハイマー症
  • 腎炎
  • 肺腫瘍
  • 早産・低体重児出産
  • 男性不妊症

上記のような歯原性菌血症との関連が考えられる疾患を持った患者様に対しては、口腔内のバイオフィルムを正常化する必要があります。歯原性菌血症の治療・改善は歯科医師と歯科衛生士にしかできない仕事であるため、早期に最善の処置を行います。

歯原性菌血症にともなう重篤な疾患を予防するには

動脈硬化が起こる部位によっては、脳梗塞、心筋梗塞、腎障害などの危険な全身疾患が発症します。これを避けるもっともシンプルな方法は、口腔内環境を改善して血管内への細菌の侵入を止めること。そうすれば、血管は免疫細胞によって健全な状態に修復されます。

歯原性菌血症を予防するためのアプローチ

歯原性菌血症の直接的な原因となるバイオフィルムの内部ではさまざまな細菌が複雑に絡み合っており、薬剤の効果がおよびません。歯原性菌血症を予防もしくは改善するためには、内科的処置を効果的に汲み合わせながらバイオフィルムを取り除く必要があるのです。

歯周病がなかなか改善しない方へのご提案除菌外来・超短期的歯周病治療の内容・流れはこちら

歯周病菌と重篤疾患の深い関係

こちらでは、歯周病菌が全身をめぐって血管を老化・損傷させてしまうことに関連の深い代表的な疾患をご説明します。

心筋梗塞・脳梗塞等の循環器系疾患

歯周組織に炎症が起ると、歯周病菌とそれが酸性する炎症起因物質が毛細血管を通じ大量に血液に入ることにより、アテローム性プラークを形成したり、血管内壁に炎症を促し、コレステロールが付着しやすくなります。その結果、心筋梗塞、脳梗塞に影響を及ぼします。

アルツハイマー型認知症

認知症とは、ちょっとした物忘れからはじまって、日付を間違えたり場所・人・時間を覚えられなくなったり、さらには妄想まで現れてしまったりする脳の病気です。アルツハイマー型認知症は、脳に萎縮が見られるのが特徴。「CT画像で検査をしてみたら残っている歯が少ない人ほど脳の萎縮が進んでいた」という報告や、「患者様の脳から歯周病菌の毒素が検出されたという報告があります。

肺炎

高齢者が亡くなる原因として、もっとも多いのが肺炎です。その中でも多くを占めると言われているのが、食べ物や唾液が誤って肺に入ることで起こる「誤嚥性(ごえんせい)肺炎」。これも歯周病菌が大きな原因となっています。

肺炎は肺にウイルスや細菌などが感染して肺が炎症を起こす病気ですが、「誤嚥性肺炎」は食べ物や唾液が誤って肺に流れ込む際に口の中の細菌まで入ってしまい、それが原因で起こる肺炎です。高齢者の方や寝たきりの方、脳卒中の後遺症などで飲み込む力が衰えている方に多く発生しています。誤嚥性肺炎を起こした方から歯周病菌が多く見つかっているため、歯周病菌が誤嚥性肺炎の重大な原因の一つと考えられています。

心内膜炎

歯周病が悪化して歯周病菌が血液中に入り込み、その菌が心臓の内膜に付着すると、心内膜炎という心疾患を招くことがあります。これは、死に至ることもある大変危険な病気です。さらに最近では、歯周病が狭心症や心筋梗塞などといった心疾患のリスクを高めることもわかってきました。

早産・低体重児出産・男性不妊症

妊娠中はつわりなどで歯みがきが難しくなりがち。そのため歯ぐきの炎症がおこりやすく、歯周病になる方が多くなります。さらに妊婦さんが歯周病になると、おなかの赤ちゃんが小さく産まれたり、早産となるリスクが高まることが知られています。これは、歯周病の炎症で出てくる「プロスタグランジン(PGE2:子宮の収縮などに関わる生理活性物質)」などの物質が、胎盤に影響するためであると考えられています。

糖尿病

歯周病は、網膜症、腎症、神経障害、心筋梗塞、脳梗塞に次いで「糖尿病の第6番目の合併症」と言われています。糖尿病によって歯周病にかかりやすくなることはよく知られていましたが、最近では歯周病を改善すると糖尿病の状態もよくなるという画期的なデータも発表されています。糖尿病の方は、免疫力が低下によって歯ぐきの炎症が起こりやすくなるため、糖尿病が歯周病をもたらし、また悪化させると言われています。

さらに歯周病がひどくなると、炎症によって出てくる物質「TNF-α(炎症性サイトカイン・生理活性物質)」がインスリンの血糖値をコントロールする働きを妨げ、糖尿病の状態を悪化させると言われています。

歯周病がなかなか改善しない方へのご提案除菌外来・超短期的歯周病治療の内容・流れはこちら

従来の歯周病治療の問題点

歯周病治療といえば、昔から歯みがき指導や歯石の除去といった歯のまわりのお掃除が基本的な処置として行われています。しかし、この基本的な治療をしていても、あるいは一生懸命歯みがきをしていても、なかなか歯肉の炎症が解消されない方、歯肉の腫れや出血・口臭で悩み続けている方、歯周病で歯を失ってしまう方がおられるのも事実です。

「虫歯」と「歯周病」は、歯科における2大疾患。両者は現在の歯科医療において感染症であるという結論になっており、特に歯周病はカビと細菌の混合感染症と言われています。では、なぜ感染症なのに治らないのでしょうか?

医科においてもっとも一般的な感染症は「風邪」です。一般的な風邪であれば医師の指示に従って薬を飲めば、ほとんどの場合は治ります。それと同じように、歯周病も薬で治療することができます。現在の歯周病治療は外科的処置が主流ですが、それでは歯科医師が特殊な技術を持ち、かつ患者様も歯みがきがうまくできる――といった厳しい条件下でないと、よい結果はなかなか生まれません。どんな条件下においても同じ方法で、簡単によい結果が得られる方法がないものかと多くの歯科医師が知恵を出し合った結果、生まれたのが薬で歯周病を治す「歯周内科治療」というアプローチなのです。

歯周病がなかなか改善しない方へのご提案除菌外来・超短期的歯周病治療の内容・流れはこちら

歯周病の進行と症状

歯周病の進行段階の目安として、歯と歯ぐきの間の溝の深さがあります。この溝が深ければ深いほど、歯周病が進行しています。

flow01

歯肉炎
歯ぐきに軽く炎症が起こっている状態です。ブラッシング時に出血が見られます。

flow02

軽度歯周炎
軽度の歯周病ですが、顎の骨が溶かされはじめています。歯ぐきに腫れやしみる症状が出ることがあります。

flow03

中等度歯周炎
顎の骨が半分ほど溶かされており、歯がグラグラしている状態です。腫れや出血のほか、浮いたような感覚があります。

flow04

重度歯周炎
歯を支える顎の骨の大部分が溶けてなくなっています。歯が大きく動き、ひどい場合は抜け落ちることもあります。

歯周病治療の方法

歯周病は進行具合によって治療法が異なりますが、いずれの処置もお口の中からプラーク(歯垢)を除去することを目的としています。プラークはお口の中で石灰化し、歯石になります。歯石はブラッシングでは落とせないほど強固に歯にこびりつき、そのザラザラした表面にさらなるプラークやバイオフィルムを付着させるのです。歯石を取り除き、プラークコントロールを続けることが、歯周病治療の基本となります。

スケーリング適用:歯肉炎・軽度歯周炎

スケーラーと呼ばれる器具で、歯の表面にこびりついた歯石を取り除きます。処置後にしみる症状が出ることがありますが、これは歯石がなくなった証拠です。

ルートプーレニング適用:軽度~中等度歯周炎

キュレットと呼ばれる器具で、スケーリングで落とせなかった歯周ポケット内部の汚れや歯石・プラークを取り除きます。歯の表面を滑らかに仕上げ、再付着を防ぎます。

歯周ポケット掻爬(そうは)術適用:軽度~中等度歯周炎

歯周ポケット内部にこびりついた歯石や膿、炎症を起こしている歯肉部分をきれいに取り除きます。局所麻酔をかけて処置を行います。

フラップ手術適用:中等度~重度歯周炎

歯周ポケットのさらに奥深くまで感染している場合は、歯肉を切開して歯石や感染組織を取り除きます。こちらも局所麻酔をかけ、処置後は歯肉の縫合を行います。

歯周組織再生療法適用重度歯周炎

GTR法

歯周病に感染した組織を取り除いたあとで、歯槽骨と歯肉の再生を促す処置です。歯肉のほうが再生スピードが早いため、歯肉の骨への侵入を防ぐためにメンブレンと呼ばれる膜を設置します。この膜には、後日取り除く必要があるものと、膜が体内に吸収されるものとがあります。

エムドゲイン法

エムドゲインは、GTR法と同じ治療効果を期待する再生療法の一種。GTRで患部に設置するのが膜であったのに対し、エムドゲインでは生物由来のエムドゲインゲルを使用します。薬剤は組織の再生を促しながら、体内に吸収されていきます。いずれも安全なものですのでご安心ください。

歯肉移植術適用:口腔内環境改善・審美的改善

CTG(connective tissue graft)
結合組織移植
歯肉が痩せて薄くなったり、陥没した部分があったりする場合は、上顎の口蓋から結合組織を採取、不足している部分に貼り付けて移植します。歯根面を覆う歯肉の厚みが増加し、ブラッシングしやすくなります。
FGG(free gingival graft)
遊離歯肉移植
FGGは、上顎の口蓋から上皮のついた歯肉を切り取り、歯根周りに移植する治療法です。歯根周りの角化歯肉(唇を引っ張っても動かない部分の歯肉)がない場合、歯ブラシの圧に対する抵抗力が弱くなります。ブラッシングがしにくい、歯肉が退縮している、炎症を起こすなどの弊害が起こります。

名越歯科の「超短期的歯周病治療」について

大阪市梅田の歯医者「名越歯科」では、従来よりも専門的で治療期間の短縮と高い改善効果が期待できる歯周病治療「超短期的歯周病治療」をご提供しています。この超短期的歯周病治療を受けていただくことで、患者様の身体的負担を軽減しながら確実な改善を目指します。

従来の歯周病治療と大きく異なるのは、「歯周病検査」と「治療の流れ」の2点です。詳しくは、以下のバナーをクリックしてご覧ください。

超短期的歯周病治療について詳しくご説明します。歯周病がなかなか改善しない方はご検討ください。

このページの先頭へ