• 文字サイズ変更
  • 中
  • 大

患者様へ「痛み」や「不快感」がない治療をご提供する取り組み

歯科治療での痛みに弱い 歯医者そのものに対して苦手意識がある 歯科医院へ行こうとすると動悸やめまい、立ちくらみが起こる 治療中に吐き気をもよおしてしまい、中断することが多い

歯科治療恐怖症と無痛治療

歯科治療の必要性・重要性を理解しながらも、上記のようなお悩みを抱えているために、なかなか歯医者へ足が向かないという方もいらっしゃいます。少し「嫌だな」と感じる程度ではなく、心身に不調をきたすほど歯科治療がストレスになってしまう方は、歯科治療恐怖症といえるかもしれません。

もしこのようなお悩みをお持ちでしたら、無痛治療に取り組んでいる歯科医院を探してみましょう。無痛治療とは、患者様ができるだけ痛みを感じさせないように配慮しながら行う治療のこと。麻酔の処置は、無痛治療における代表的な取り組みのひとつです。痛みを最小限に抑えるための簡単な工夫から各種鎮静法まで、その内容は多岐にわたります。

大阪市北区の梅田センタービル内にある歯医者「名越歯科」では、歯科医院や歯科治療に対して恐怖や抵抗が強い方、歯科治療恐怖症となっている方にも安心して治療受けていただけるよう、麻酔を使ったさまざまな無痛治療の取り組みを行っています。お気持ちの部分までケアできるよう、一人ひとりの患者様の想いをしっかりお聞きしたうえで、安全かつリラックスして治療を受けていただける方法をご提案いたしますのでご安心ください。

無痛治療を実現するための処置

当院ではまず、痛みの少ない治療の実現を目指すにあたって「表面麻酔」を使用します。表面麻酔とは、患部の表面にある末梢知覚神経を麻痺させるために使用する"塗る麻酔"のこと。患部の感覚が鈍ったら、麻酔を注入します。なおこの際、麻酔液を温めて体温との温度差をなくすことで、注入による痛みを感じにくくすることが可能です。当院では麻酔の注射において以下の2点を採用し、患者様の痛みの軽減に努めています。

電動麻酔機
麻酔液を一気に注入しようとすると圧力がかかり、これが痛みの原因になります。コンピュータによって麻酔の注入速度を調整できる電動麻酔機を使用することでこの「圧痛」を軽減できます。
33Gの極細針
注射針が細ければ細いほど、刺したときの痛みは少なくなります。当院では注射の刺激を小さくするために、先端が33ゲージ(0.2mm)という極細の注射針を使用しています。

また、名越歯科では症例やご要望に応じてさらに2つの麻酔をご用意しています。治療前にくわしくご説明いたしますので、気になる方はお気軽にご相談ください。

※2つの鎮静法は自費治療になります

  • 笑気吸入鎮静法

  • 静脈内鎮静法

笑気吸入鎮静法

世界的に広く普及しており、日本でも30年以上前から導入されている方法です。ほんのりと甘い香りがする笑気ガスを鼻から吸入し、数分ほど安静にしていると、次第に手足に心地よいだるさを覚えたり、身体にぽかぽかとした温もりが感じられたりします。

患者様の様子や問いかけへの反応から鎮静状態が確認できれば、治療を開始します。笑気ガスそのものには痛みを感じさせない効果はありませんので、必要に応じて局所麻酔を施します。治療後は、吸入を止めるとすぐにもとの状態に戻れます。昼寝をした後のすっきりとした目覚めの感覚が近いかもしれません。お帰りにお車の運転をされても大丈夫。抜歯などの外科的処置が必要なケースでは、笑気吸入鎮静法は一部保険診療の対象となることがあります。

こんな方に選ばれています
  • 歯科治療に恐怖心がある方
  • 心疾患や高血圧、その他内科的慢性疾患がある方
  • 治療時のストレスを軽減する必要がある方
  • 乳幼児や高齢者の方
静脈内鎮静法

静脈内鎮静法は、点滴で徐々に麻酔を効かせてゆく方法です。インプラント治療親知らずの抜歯などの外科的処置が必要なケースで、特に活躍する場面の多い方法です。当院では、必要に応じて麻酔専門医を招き、全身の様子をきちんと管理してもらいながら静脈内鎮静法を実施します。静脈内鎮静法は、安全で負担やリスクが少ない麻酔法です。どなたでも安心して受けていただくことができ、実際に麻酔を受けられた患者様からは「寝てる間に治療が終わった」「痛みや怖さを感じなかった」といったお声をいただいております。

こんな方に選ばれています
  • 歯科治療中に具合が悪くなったことがある方
  • 大がかりな治療(インプラント・親知らず・重度歯周炎などの外科手術)を受ける方
  • 短い時間で早く治療を済ませたい方
  • 嘔吐反射がある方

このページの先頭へ