• 文字サイズ変更
  • 中
  • 大
  • ホーム
  • 歯が抜けてしまった(インプラント)・入れ歯が合わない(入れ歯)

歯を失ってしまったときに行う治療~インプラント・入れ歯~

いつまでも自分の歯を維持したいと思っていても、虫歯歯周病、不意の事故などによって歯を失ってしまうことがあります。歯がない部分をそのまま放置してしまうと、周囲の歯が倒れこんできたり、咬み合う歯が伸びてきたりして、歯列を乱す原因となってしまいます。そうなるとさらに歯を失うリスクが高くなるので、歯を失ってしまったら早急に歯の機能を補う治療を受けましょう。

大阪市北区、梅田センタービル内の歯医者「名越歯科」では、歯の機能を補う補綴(ほてつ)治療として、インプラント治療入れ歯治療に対応しています。どちらの治療にもメリット・デメリットがあり、患者様へ治療をご提案する際にはしっかりその点もご説明いたします。不明点や心配なことなどあれば、いつでも遠慮なくおたずねください。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較表

インプラント

概要
顎の骨にチタン製の人工歯根を埋め込み、上部に人工歯を取り付けて歯の機能を補う治療
メリット
  • 咬む力が強い
  • 周囲の歯への負担がない
  • 天然歯のような自然な見た目が実現する
  • 自分の歯のように使えて食事や会話も違和感がない
デメリット
  • 保険適用外のため高額
  • 外科手術が必要
  • 治療期間が長い
  • インプラント周囲炎を予防するための丁寧なメインテナンスが不可欠
ブリッジ

概要
失った歯の両隣にある健康な歯に橋をかけるように人工歯を固定し、咬む機能を回復させる治療
メリット
  • 保険が適用できるケースがある
  • 入れ歯よりも咬む力が取り戻せる
デメリット
  • 固定式で汚れやすく、お手入れしにくい
  • 支えとする両隣の歯への負担が大きい
  • 場所や本数によっては治療できないことがある
入れ歯(保険)

概要
歯型を採取し、その歯型から取り外し可能な人工歯を作製する治療
メリット
  • 保険が適用されるので安価でつくれる
  • あらゆる症例に対応可能
  • 修理しやすい
  • 取り外してお手入れできる
デメリット
  • 慣れるまでは異物感がある
  • 咬む力が弱い
  • 次第に口に合わなくなってくるため調整が必要

インプラントとは?

インプラント治療では、歯を失った顎の骨にチタン製の人工歯根(インプラント)を埋め込みます。骨としっかり結合するチタンの特性を活用した治療法で、1本から複数本まで対応可能。独立するため周囲の歯の支えが不要で、健康な歯に負担を与えません。また、人工歯根の上にセラミックスの人工歯を装着すれば、天然歯と見分けがつかないほど自然な仕上がりになります。入れ歯やブリッジよりも咬む力がよみがえり、「自分の歯のような感覚で咬める」と多くの方にお喜びいただいています。

インプラント治療の流れ

インプラント治療では、患者様のお口の状況や選択した治療法によって、治療の流れは異なります。こちらでは、一般的な治療を例にご説明します。

診査
口腔内診査(視診・触診)、レントゲン撮影、診断用模型の作製準備などを行います。
カウンセリング・インフォームドコンセント
インプラント治療に関する基本的な情報や、費用、治療期間などをお伝えします。当院では、患者様への説明を徹底し、ご納得いただいてから治療を進める「インフォームドコンセント」の考え方を重視しております。治療に対する疑問や不安などありましたら、遠慮なくおたずねください。また、診査にもとづいていくつかの治療計画や仮のお見積もりもご提案します。患者様に自身のライフスタイルに合った治療をお選びいただけるよう選択肢をご提示しますので、納得のうえでご選択ください。
精密検査
咬合診断、内科的検査、CT画像撮影などを行います。顎の骨量が少ない場合など、大規模な顎骨再建術が必要となるケースでは、3D-CTによる3次元シミュレーションを行います。
再度のカウンセリング
精密検査の結果から、最適な診断と治療計画、実際のお見積もりをご提案いたします。患者様にご納得いただき、そこから治療を開始します。
1次手術
顎の骨に、チタン製のインプラントを埋入します。
治癒期間
インプラントと顎の骨が結合し一体化することを「オッセオインテグレーション」と呼びますが、この成果が得られるまでに、通常は6~8週間ほど治癒期間として様子を見ます。
2次手術
顎の骨とインプラント体がしっかり結合したことを確認できたら、2次手術にうつります。ここで、インプラント体と上部構造物(人工歯)を連結するアバットメントという部品を装着。このときに歯肉を切開するので、この傷が治癒するまで1~3週間待ちます。
上部構造物製作
2次手術後、歯肉の治癒が確認できたら上部構造物(人工歯)を製作するための型採りを行います。院内技工所を併設する当院では、患者様のご要望に応じた技工物をお口に合わせてお待たせすることなく作製・調整できます。
治療完了
上部構造物の完成後、新しい人工歯をアバットメントに装着して固定したら治療は完了です。
メインテナンス
治療後は、歯周病に似た症状の「インプラント周囲炎」にならないよう、定期的なメインテナンスが不可欠です。せっかくのインプラント治療も、メインテナンスを怠ると脱落してしまうケースがあるので注意しましょう。つまり、治療後のメインテナンスは、治療そのものに勝るとも劣らないくらい重要なのです。当院でインプラント治療を受けた方には、1ヶ月、3ヶ月、6ヶ月後の術後診断ののち、半年に1度の定期検診(有料)を実施しています。

安心のインプラント治療名越歯科のインプラント治療の特徴について詳しくご説明しています。当院は、オッセオインテグレーションを導入した日本でもっとも歴史あるインプラントセンターのひとつです。

どなたにも安心して受けていただける治療~入れ歯(義歯)~

入れ歯治療は他の補綴治療と比べてもっとも古く、さまざまな技術・形状・素材のものが開発されてきています。歯型を採取して義歯を作製し、お口に合わせて調整していく入れ歯治療は、患者様の身体的負担を最小限に抑えられるというのが大きなメリットです。

入れ歯が合わなくなってガマンしていませんか?

「入れ歯は痛いもの」「よく咬めなくても仕方ない」というイメージをお持ちの方もいらっしゃるようですが、そのような不具合をガマンして使い続けることは、日々の「生活の質」を低下させてしまいます。

身体やお口の形状が日々変化しているのに対して、入れ歯は人工物なので次第に合わなくなってきます。また、入れ歯そのものが摩耗で変形してしまうこともあります。いずれにしても、入れ歯は一度つくったらそれっきりではなく、お口に合わせて定期的な調整・修理・つくり替えが必要なのです。当院では入れ歯の作製だけでなく、調整・修理も承っています。今お使いの入れ歯の不具合でお困りでしたら、当院へお気軽にご相談ください。

保険の入れ歯と自費の入れ歯

入れ歯は保険診療で作製できますが、自費診療でこだわったものをつくることもできます。どちらにも長所・短所がありますから、よく吟味してご自分に合ったものをつくるときの参考にしてください。

  保険の入れ歯 自費の入れ歯
素材 歯科用プラスチック(レジン)に限定される。部分入れ歯は金属バネ付きのものに限る。
  • コバルト、チタン、ゴールド
  • 弾性樹脂、生体シリコン
費用 保険適用で安価 全体的に高額
使用感
  • 咬み心地があまりよくない
  • 装着時の違和感に慣れるまで時間がかかる
  • しっかり咬める入れ歯になる
  • 軽く薄いものがつくれる
  • 装着感もよい
  • 食べ物の温度が伝わりやすいものもできる
耐久性 低い 高い
審美性 入れ歯とわかりやすい 見た目のよさを追求できる
製作日数 1ヶ月程度で完成する 種類によって異なるが
約2~3ヶ月かかる
修理・調整 壊れやすいが修理も簡単 壊れにくいが修理困難なものが多い

名越歯科の取り扱い入れ歯

金属床義歯(自費)

金属床義歯は、お口の粘膜に当たる部分に金属を使った入れ歯です。保険診療のレジン床義歯では、素材の特性上どうしても床が厚くなってしまいますが、金属なら強度があるため薄く上部につくることが可能。軽くて違和感もない、食べ物の温度が伝わりやすい入れ歯ができ上がります。

ゴールド床義歯 生体親和性が高く、金属アレルギー反応が起こりにくい「金」を使った入れ歯です。お口の中が明るく見えるのがメリットですが、他の金属よりやや重めの入れ歯となります。
チタン床義歯 ゴールドよりもさらに生体親和性が高いチタンを使った入れ歯です。現在ある金属床義歯のうち、もっとも軽く薄い入れ歯が完成します。他の金属と比較して価格が高くなりがちですが、こちらも金属アレルギーの心配はありません。
コバルトクロム床義歯 もっとも普及している金属床義歯の素材がコバルトクロムです。保険適用の入れ歯と比べると、床部分の厚みが3分の1にまで抑えられます。チタンよりは重めで、金属アレルギーを引き起こす可能性は他の2つよりも高い金属です。
コーヌスクローネデンチャー(自費)

当院が自信を持っておすすめしたい入れ歯が、コーヌスクローネデンチャー(自費)です。歯科先進国である欧米で高い人気を誇る入れ歯で、部分入れ歯であってもバネを使うことがありません。残っている歯根部に、内冠を取り付け入れ歯の外冠との摩擦を利用して、茶筒のように固定する方式です。

ノンクラスプデンチャー(自費)

周囲の歯に引っかけて固定するためのクラスプ(金属のバネ)を使用しない部分入れ歯です。薄くて軽く、弾力のある樹脂を使用するため吸着力も優れているのが特長。装着感が良好なのはもちろん、見た目でも入れ歯だとわかりにくい自然な仕上がりが実現します。

シリコンデンチャー(自費)

歯ぐきが当たる部分にクッション性の高いシリコンを使用した入れ歯です。フィット感に優れているので装着時の痛みがなく、入れ歯と歯ぐきの間に食べかすなどが詰まることもほとんどありません。金属のバネも使用しないので、入れ歯だとわからない自然な見た目も特長です。

このページの先頭へ