• 文字サイズ変更
  • 中
  • 大
  • ホーム
  • 歯が痛い・しみる(一般歯科・根管治療)

虫歯はガマンしても自然に治るものではありません

歯に「痛い」「しみる」といった症状があるなら、虫歯が進行している可能性があります。このような自覚症状が出る時点ではかなり虫歯が進行しているケースが多く、何らかの削る処置が必要となります。痛みや違和感をガマンしたりごまかしたりしていると、そのぶん治療には手間も時間もかかってしまうもの。そして何より、大切な歯を失ってしまうリスクを高めてしまいます。

大阪市北区の梅田センタービル内にある歯医者「名越歯科」では、診療を行ったすべての患者様に「虫歯は早期発見・早期治療が重要です」とお伝えしています。もちろん、予防によってトラブルを避けることが一番大事ですが、進行してしまっている場合は早ければ早いほど患者様の負担が小さくなります。当院では、痛みをできるだけ感じさせない無痛治療にも取り組んでいますので、痛みに弱い方、歯科治療に対して強い恐怖心がある方などはお気軽にご相談ください。

虫歯の進行段階・症状・治療法

  虫歯の状態 症状 治療法
C0

初期の虫歯

ごく初期の虫歯です。歯の表面に白く濁った部分が見えます。穴や変色はなく、「痛い」「しみる」といった症状もありません。 この段階なら、丁寧なブラッシングやフッ素塗布で再石灰化を促すことで、治癒する可能性があります。
C1

エナメル質の虫歯

歯の表面にあるエナメル質が虫歯菌の出す「酸」で溶かされはじめた状態です。歯の表面が黒や茶色に見え、冷たいものを口にするとしみることがあります。 虫歯に冒されている部分を削る処置を行います。歯質を削った部分は、白い歯科用プラスチックで埋めて補います。
C2

象牙質の虫歯

エナメル質の下層にある象牙質まで虫歯菌の出す酸に溶かされた状態です。冷たいものだけでなく、甘いものを口にしてもしみる症状があり、ときどき痛みが出はじめます。 C1と同様に、虫歯になっている部分を削ります。削った量によって異なりますが、歯科用プラスチックで埋めたり、インレー(詰め物)を作製して取り付けたりして歯を補います。
C3

神経まで達した虫歯

歯の内部にある神経や血管まで虫歯に冒されてしまった状態です。何もしていなくても、ズキズキと激しい痛みに襲われるようになります。 汚染された歯質や神経、血管などを取り除く根管治療を行います。治療後は、周囲の歯とのバランスや咬み合わせを考慮して、クラウン(被せ物)を作製して取り付けます。
C4

歯の根に達した虫歯

歯の歯ぐきから上に出ている部分のほとんどが溶かされている状態です。神経はすでに死んでいるので痛みを感じることはありませんが、歯根に膿が溜まりはじめると再び激しい痛みが出ます。 ここまで深い虫歯になると、ほとんど抜歯するしか方法がありません。抜歯後は、入れ歯やインプラントといった方法で、歯の機能回復を図ります。

歯を完全に失ってしまうのを防ぎます~根管治療~

現在では「根管(こんかん)治療」によって重度の虫歯でも抜歯をせずに歯(歯根)を残すことが可能になっています。抜歯による歯列や咬み合わせの乱れを避けるこの治療では、狭くて複雑な形状の根管内部に汚染された歯質や組織を残さないよう、極めて精密な処置が求められます。

根管治療の流れ

flow01

汚染された部分の除去
根管内から、虫歯菌に汚染された歯質や歯髄、歯周組織をしっかり取り除きます。ここで取り残しがあると虫歯が内部で再発してしまうので、丁寧に汚れを取り除きます。

flow02

根管内部の洗浄・消毒
根管内に虫歯菌が残らないよう、しっかり洗浄し、消毒を行います。

flow03

薬剤の充填
細菌による感染をさらに防ぐため、根管内に薬剤を隙間なく詰めます。ここで隙間が生じていないか、歯科用CTで撮影して内部の状況を確認します。

flow04

土台づくり
歯根の上にコア(芯)を立てて、被せ物の土台とします。

flow05

被せ物の取り付け
土台に被せ物を装着して完成です。最後に、周囲の歯との咬み合わせなどを調整します。

このページの先頭へ