• 文字サイズ変更
  • 中
  • 大
  • ホーム
  • 医院コンセプト・特長・院内感染防止対策

梅田センタービルの歯医者「名越歯科」の診療について

大阪市北区の梅田センタービル内にある歯医者「名越歯科」では、患者様がお口の健康を維持し、生涯にわたってご自分の歯を使っていただくことを念頭に歯科診療を行っています。こちらでは、当院が診療にあたって基本に据えている医院コンセプトをご紹介します。

名越歯科が掲げる医院コンセプト

それぞれの患者様に最適な診療をご提案します

痛みなどの症状も、抱えているお悩みも、そして治療に対するご希望も、患者様それぞれで異なります。患者様の中には「今の痛みさえ取り除いてくれればそれでいい」という方もいらっしゃいますが、症状を原因から改善しなければ本当の健康は得られないと考える当院としては、そういったご要望にのみお応えすることは本意ではありません。

「歯は健康の入り口」といわれますが、歯の治療や処置はお口の健康、ひいては全身の健康にも大きく影響するものです。そのため当院では症状をただ治すのではなく、患者様のライフスタイルや生活習慣まで考慮し、治療後もお口のトラブルで苦しむことのないように、お一人お一人に最善の方法をご提案しています。

名越歯科の特長~患者様にご提供できる価値~

名越歯科では、患者様のご意向を尊重しつつ、歯科のプロとしてできる最大限の価値をご提供したいと考えております。当院の特長を活かし、患者様には次のポイントをふまえた「信頼に足る診療」をご提供いたします。

お口全体の健康を考える「包括的治療」のご提案

一部分だけ治療を行ったとしても、根本的な原因が改善されなければ虫歯や歯周病はすぐに再発してしまいます。つまり、お口のトラブルは一部だけでなく、全体を見て原因を特定し、総合的に改善を図ることが重要なのです。当院では、悪くなった歯や歯ぐき、咬み合わせなどを一口腔単位の問題として捉えて診療を行う「包括的治療」をご提案しています。

包括的治療で総合的な改善をご提案

専門家による相乗効果が得られる「チーム医療」の推進

歯や歯ぐき、顎の骨、骨格、顎関節、筋組織など、口腔内はさまざまな組織が密接に関係し合って成り立っています。つまり、1本の歯を治療すると、周囲の組織にも何らかの影響を与えてしまうのです。この考え方をふまえてよりよい治療を行うためには、各分野を得意とする専門家によるきめ細やかな診療や処置が欠かせません。

当院では、専門分野を持つドクターや経験豊富な歯科技工士、歯科衛生士などのスタッフが集まって最善の結果を目指す「チーム医療」を推進しています。スペシャリストたちが密に連携することで、患者様にとってベストな治療、精度の高い治療、難易度の高い治療のご提供に努めています。

当院のチーム医療で活躍するスペシャリストたち

医療法人はしもと歯科・矯正歯科
理事 橋本 和俊

大阪歯科大学卒業
大阪歯科大学矯正学講座入局
日本矯正歯科学会認定医取得

インプラント担当医
坪井 陽一

北海道大学歯学部卒業
イエテボリ大学医学部客員教授
京都大学非常勤講師

セカンドオピニオンにも対応しております

「セカンドオピニオン」という言葉をご存知でしょうか? 担当医や主治医の診断や提案を「第1の意見」としたときに、他の歯科医師から得た情報が「第2の意見」となることから、セカンドオピニオンと呼ばれています。

担当医・主治医に提示された治療内容や治療方針に対して、疑問や不安、納得できない部分などがある場合などに、担当医・主治医以外の専門家(歯科医師)から治療に関する意見やアドバイスを仰ぎ、選択肢を広げられるのがセカンドオピニオンです。治療の選択肢はひとつではない場合も多く、その時々の患者さんの状況によって「ベストな治療」は変わるもの。セカンドオピニオンの受診は症状や治療に対する理解を深めることにもつながるので、納得の治療につながりやすくなります。

セカンドオピニオンを利用するメリット

  • 主治医とは別の立場からくわしい説明が受けられる
  • 中立的な・客観的な意見や評価が得られる
  • より適した治療法を、自分の意思によって選ぶことができる
  • 患者様自身が、治療に対する理解を深められる
  • 疑問や不安を解消し、納得したうえで治療に臨める
セカンドオピニオンの注意点
費用について教えてください。
費用に関しては保険が適用される場合もありますが、検査・診断内容によっては自費診療となることもあります。独自の料金設定を用意している医院もありますので、事前に確認しておきましょう。
セカンドオピニオンを受けたら、その医院で治療を受けなければなりませんか?
セカンドオピニオンを求めたからといって、必ずしもその医療機関で治療を行う必要があるわけではありません。セカンドオピニオンを仰いだうえで、主治医が最初に選んだ治療に取り組まれるという方もいらっしゃいます。
セカンドオピニオンは複数の先生に求めたほうがよいのでしょうか?
複数の先生に意見を仰ぐことにはメリットもあります。しかし、自分の気に入った意見が出るまで何箇所もの医療機関を受診する(これをドクターショッピングといいます)と、情報を整理しきれず、結果的にベストな治療にたどりつけない可能性が高くなるのでご注意ください。

患者様目線で考える診療体制~カウンセリングの重視~

当院では、治療の主体は歯科医師ではなく患者様だと考えています。すべての患者様に誠実に対応し、納得して治療を受けていただき、ご満足いただける治療成果をご提供する――。そのためには、患者様本位の診療が欠かせません。「痛みに弱い」「歯医者に苦手意識が強い」といった方には、無痛治療のご案内をいたします。また、歯の見た目を重視したい方、歯科素材には妥協したくないという方のご要望にもお応えできます。

当院では、そのような患者様のご要望を一つひとつしっかり受け止めるために、治療前のカウンセリングを重視しております。専用のカウンセリングルームもご用意。どのようなささいなご意見・ご要望もしっかりお聞きしますので、遠慮なくスタッフにお話しください。

将来の健康まで考慮した「できるだけ削らない治療」

ごく初期の虫歯に限っては歯を削らずに治せる可能もありますが、そこから虫歯が進行してしまった場合には削る処置が必要です。治療とはいえ削った歯質は二度ともとには戻りませんので、歯は削れば削るほど小さくなり、健康な状態を維持しにくくなります。歯を削ることは、歯の寿命を縮めることと同じ。自分の歯を生涯にわたって維持するには、できるだけ削らないことが大切なのです。

名越歯科では、虫歯に冒された部分に薬(殺菌力の強い銅イオン)を含んだセメントを詰めて歯質を無菌化する「ドックベストセメント」を採用し、「できるだけ削らない治療」に取り組んでいます。虫歯に冒された部分を除菌し、歯質を失う量を最小限にできれば、結果的に歯の寿命を延ばすことにつながります。

※自費治療になります

名越歯科が重視する院内感染防止対策

清潔な環境で治療を受けていただくことは患者様の不安解消につながり、不安を解消することで患者様にとっての「最善の結果」が実現しやすくなると考えています。そのため当院では院内の清掃や衛生管理を徹底し、院内感染(医療施設において患者様や医療従事者が新たに別の病原体に感染すること)の防止に努めています。

院内感染には「人から人に直接感染するケース」と「治療器具を介して人に感染するケース」の2種類がありますが、当院ではそのどちらにも対応できるように、さまざまな滅菌器や洗浄機、その他の設備を採用しています。歯を削るタービンやその先に装着して歯を削るバー、神経を取ったり歯周ポケット内をクリーニングしたりする金属器具、さらにプラスチック器具やゴム製品まで、使用した器具はすべて丁寧な滅菌を欠かしません。クリーンな院内を維持し、安心して通っていただける環境づくりを行っています。

滅菌機(ハイスピードタイプ)

滅菌機 sterimaster

ステリマスターは、歯を削るタービンなどの器具を滅菌するための機器です。精密機械を短時間で確実に滅菌できるため、診療と診療の合間にも使用でき、迅速かつ安全な診療に役立ちます。厳密な衛生管理には欠かせない機器といえます。

滅菌機 exclave2

小型のオートクレーブです。容量は小さいですが、滅菌が終了までの時間が短いため、歯を削ったり、根管治療で使用する小器具を滅菌するのに適しています。急患対応などがあった場合でも、直後の患者様に衛生的な治療器具を使用できます。

滅菌機

オートクレーブ(高圧滅菌器)

内部を飽和蒸気によって高温・高圧状態にし、その中で治療に使用した器具に滅菌処理を施す機器です。院内感染の原因となる細菌を死滅させることで、すべての患者様に不安なく治療を受けていただけます。お口の中に入るものはすべて、この機器で滅菌しています。

洗浄除菌機

icare タービン

強力な圧縮空気とオイルによって、治療で使用したエンジンやタービンを清潔にするタービンエンジンオイル洗浄機器です。こちらで洗浄した器具をさらにオートクレーブ(高圧滅菌器)で滅菌すれば、ほぼ完ぺきな消毒が実現します。安心して治療をお受けください。

ミーレジェットウォッシャー

世界基準の規格である「ISO15883」に定めされた「93℃で5分間」という条件をクリアする自動熱水消毒器です。高圧の水流によって、頑固なたんぱく質の汚れもはがし落とすことができます。洗浄に従事するスタッフが手や指を傷つけることにともなう感染リスクも大幅に軽減されます。

超音波洗浄機 ks-200

水などの液体を介して超音波振動を伝達し、液中でキャビテーションを発生させて治療器具に付着した汚れを落とす機器です。滅菌・消毒処理を行う前に、こちらのマシンで洗浄を行うことが、滅菌効果を高めます。

殺菌消毒用電解水生成機

BK水生成器

専用原液を電気分解する際に発生するスーパーオキシドイオンと次亜塩素酸の働きを活用してさまざまな細菌を減らすことができる「BK水」を生成する装置です。手や医療器具の洗浄や除菌、口腔内の洗浄などに使用しますクリーンな処置環境の実現には欠かせません。

微酸性電解水生成装置 アピア

水道水から細菌・カビ菌・ウイルスの除菌に大きな効果が期待できる微酸性電解水を生成することができる機器です。こちらの微酸性電解水を使用することで除菌効果が得られるだけでなく、塩分などの残留物も残らないのでベタつきが生じることもありません。

このページの先頭へ